50代からでも遅くない!ヨガと筋肉トレーニング

50代でも遅くない!ヨガと筋肉トレーニング

もし100歳まで生きるとして、今の自分の体力、筋力、精神力で自信はありますか?

私は精神力はイエスと言えるかと思うのですが、体力、筋力には自信がないかもしれません。

それは昨年生まれて初めて大腿部の肉離れを起こしたのです。

痛いのなんのって、、どのような向きに身体を動かしても眠れない。

治ってから考えました。ヨガでもアシュタンガヨガをやっているような方でしたら

筋力はあるでしょうが、女性ホルモンも枯渇して、益々危なくなってくると

危機感を感じ始めました。

いろいろな生徒さんをみてきての危機感

股関節がどちらか痛い、腰が頻繁に痛くなる、猫背気味で体力がない、筋力がなく顔にしわが

多い、転びやすい、太りすぎている、これらの方は車を使用して歩くことの少ない方が多いで

す。現在は便利な世に中になり、ほとんど重たいものも持ちませんし、少し離れたところは

車、洗濯も炊飯もボダン1つでできてしまうので、ほとんど身体を使うことはありません。

最近「瓶の蓋を開けられないという」という女性たちにパーソナルで指導をしているのですが

握力が落ちてきているために、柔らかい抵抗のあるボールを握っていただいたり

両手で指の腹だけを合わせて押し合いをしたり、握力強化を目指しています。

握力というのは、筋力との相関関係が高いので、握力の低下は筋力低下とも考えられるので

ご自分で練習するときは握力を強くするハンドグリップなどを使用するとよいでしょう。

100均でも売っていますので、5キログラムからじょじょに強くしていく事も可能ですし

女性ですと30キロを楽々できるように目指すのもいいかと思います。

私は15キロを今練習しています。右左で違うので練習していると面白いです。

あとはお金をかけずにというなら、タオルを使って握力のトレーニングをしましょう。

タオルを半分に折り曲げて、ぞうきんを絞るようにねじります。反対方向にもねじります。

これを5~10回やってみてください。

身体が柔らかすぎても怪我をする

私が教えている生徒さんの中にも、可動域を超えるくらいに動かせる方がいます。

若いころに運動をやっていて、筋肉のつきかたもなんとなく違うけれど

痛めているところがある。そういう生徒さんには、YOGAだけではなく

「筋肉トレーニングもしてみたら」とアドバイスをしています。

YOGAの体幹をしっかり鍛えるポーズ

猫のバランスのポーズ 四つん這いになり、右手と左足を床と平行に伸ばしバランスをとる。(反対も行う)

板のポーズ(プランク)

バカアーサナ(鶴のポーズ)

これらのポーズを行うときは、最初は近所にあるヨガの教室に通い、教えてもらうのも一つの

手ですし、ユーチューブなどの動画サイトでいろいろと出ていますので参考にされると良いで

しょう。

それでは今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする