男性諸君!ヨガをやりませんか♬

男性がヨガをやったらきっとはまる

ここ仙台のヨガ塾では、ぼちぼち男性が来はじめています。

ヨガにくる男性は、自分から来る・・というより、奥さんが連れてくる

同僚の女性が連れてくるというパターンが多く

一人で来るという方は意外に女性の方が多いんです。

どのような問題を抱えてくるのか

今まで来られた方は、「やや太り気味の方」属にいう「プチメタボ」や

「肩凝りも通り過ぎ、頭痛がする」「腰痛」「疲れやすい」など

働き盛りの方はいろいろと問題を抱えていることが多いのです。

最近ヨガがはやっているので、「俺もやってみたいなぁ・・」とポロリと

女友達に言うと、「私も一緒に付き合うから、ヨガに行ってみようよ!」と

いうパターンもあります。こういう女性はまさに男性の皆様にとっての

天使のような存在ですね。

ストレッチをする感覚でヨガをする

先日来てくださった男性の方にも、まず胡坐が苦しいとのことでしたので

下に厚みのあるバランスマットを敷いて、その上に座って

ウォーミングアップをやっていただきました。

足首や股関節もかなり硬くなっているので、ご本人は

大変そうでしたが、足裏マッサージや、ふくらはぎのマッサージも入れて

15分は丹念に上半身と下半身をほぐしました。

どんなYOGAのポーズを最初にやるといいのか

バランスマットに座っていただいたまま

合せきのポーズをまずやってみました。直接ヨガマットに座るのでは

ないので、お尻が膝よりも高くなっていたので、痛みを感じることなくできたようです。

そこから、猫のポーズをやっていただきました。

合せきのポーズ

マットに楽に座り、両膝を曲げて、左右に開き、足裏は合わせて手前に引き寄せる。

猫のポーズ

四つん這いになり、手は肩幅に、足も肩幅程度に広げます。

息を吐きながら、背中を丸めて、顔は両腕の間にいれるように

吸う息で、背中を反らして顔も斜め上に上げます。

あとはバランスのポーズもやりましたが、終わった後は、「身体が軽くなった」との

感想や、「頭痛が少しあったのが、なくなった」など、不調の改善がみられました。

未来の日本にヨガを

私は10年前に会社を立ち上げているのですが、社長でもって

ヨガを現役で30年近くやっていて珍しいとの事で

経営者の会での、ヨガについてのお話しや動き

建設関係での「けがをしない身体をYOGAでどうつくるのか」

製造メーカでの、心身を解きほぐすような講演会の依頼など

ストレスチェックが始まり、その影響で声がかかることもどんどん増えてきました。

必ず呼吸法を入れるのですが、心を落ち着かせるために、リラックスもできるので

うつ的傾向のある方へのセルフケアとして、企業での取り組みをお願いしたいと切に

望みます。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする