歯磨きをするように呼吸法をしてみましょう♬

呼吸が変わると何が変わるか?体質も変わるし、人生も変わる。

ものの見方も変わり、自分の状態を呼吸から客観的に観察する癖もつくかもしれません。

無意識に呼吸をしているといつまでも変わらない

ヨガをやっている方とお話ししていても、ヨガの先生であっても「呼吸が浅いなぁ・・」と感

じることがあります。

私も自分ができていると思い込みがありましたが、バイオフィードバックに出会い、呼吸を測

る機器で試したら綺麗な波は描かなくて、不規則な呼吸であったり、深くできない時もあり

これは客観的に今自分がどうであるか、指標がないと難しいのだとも感じました。

ヨガや太極拳や気功をもしやらなかったら、呼吸を意識することはまずないかもしれません。

私の知り合いは、テニスをやっていましたが、呼吸をチェックしたら何と逆腹式になっていま

した。

腹式呼吸&胸式呼吸

呼吸をするのにたくさんの筋肉を使っているのですが、通常その筋肉を全部は使い切れて

いないといわれています。えらいこっちゃです!使わないと衰えてしまいますから。

1日1万7千回、一生涯で5億回という気の遠くなるような回数を呼吸するのですから

生命を維持するために、呼吸法をしっかりやりたいものです。

腹式呼吸は、息を吸うと横隔膜が下に引っ張られ、肋骨が拡がります。骨盤底筋群が

下に下がります。息を吐くと逆に横隔膜が上がり、お腹は引き込まれて、骨盤底筋群が

少し持ち上がります。

胸式呼吸は、ピラティスで使われていますが、肋骨や、肋間が広がり、肺が広がる呼吸に

なります。

呼吸には様々な筋肉が使われています。

使われる様々な筋肉

まず横隔膜を使っています。この横隔膜は骨盤底筋ともつながっています。

腹直筋や、腹横筋、内腹斜筋や外腹斜筋他、呼吸をうまくできる様にすることで

これらの筋肉も効果的に動かすことができるので、呼吸法を練習しない手はありませんね。

YOGAは呼吸に合わせて動くから相乗効果を期待できる

動きに合わせて呼吸する。先人はすごい事を考えましたね。

何か動きをしてると、それに伴って呼吸をしている、息を吸うときは胸を広げて

ホッとして肩を落とすときは息を吐いています。呼吸を意識しながらポーズをする。

アーサナ(ポーズ)が呼吸で深まる 猫のポーズ

呼吸に合わせて、息を吐くときには背骨を丸めて、息を吸うときには胸を広げて行う

猫のポーズも、とても気持ちが良いものです。

アーサナ(ポーズ)が呼吸で深まる ねじりのポーズ

このポーズは呼吸を例えば使わないで、ストレッチ的にねじるとやりにくいですが

吸って背骨を伸ばし、吐いてねじるとやりやすいです。

生徒さんをみていて、呼吸が苦しそうなときは、ポーズを緩める様に伝えます。

ご自分でヨガをやるときは呼吸を目安にやってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする