あなたなら何を選ぶ。運動初心者はYOGAをやろう!

この便利な世の中で動かない人は予想以上に多いです。

時短の為に車で移動、効率を求めるあまり、身体をいかに使うか、気が付くと硬直している

身体に、ご自身が呆然としてしまう方もいます。

昨日もほとんど運動を行っていない方が約半分、のこりの方は4割はたまに行っていて、のこ

りの1割は定期的に運動する人たちでした。となると8割はほぼ運動していないということに

なります。

最近聞いたニュースで、コンビニがジムを経営するということも耳に入りましたし、何らかの

形で身体を動かす機会を作った方が良いです。

運動をしない人にヨガをやってみた

運動をしない人達が8割いる中でヨガをやってみました。最近でこそヨガをやったことがある

人は増えましたが、それでもまだまだ講座に行くと初めてのかたが多いです。最初に驚くの

は、一生懸命自分なりに準備運動をされていること。ですが私の場合は、「まだ寝そべってい

ても、おしゃべりしていてもいいですよ~」と言って、時間までは自分なりに精神統一をして

います。

この時の強度(プログラム)は大切で、きついと動くことを嫌いになってしまいますし

適度にやった感も感じられるプログラムを行うようにしています。

男性の方ががんばってしまう

男性も適度に混じっていましたが、頑張りすぎてしまうことがあります。

これは本能でしょうがないのでしょうが、女性の柔らかい方をみると

どうしても比べてしまうのです。いろいろ見ていると、男女は別々の方が

教えるのはいいかもしれないと思うこともあります。

現在女性専用のヨガ教室はたくさんありますが、男性専用は少ないので

これからの課題で考えたいと思います。

どんなポーズにトライしたか

猫のポーズを行い背骨をほぐしました。息を吸いながら背骨を反らし、息を吐きながら背中を

丸めるので、とても背骨が柔軟になります。

あとは門のポーズも行いました。下半身のバランスにもつながるポーズです。

次はラクダのポーズ、反り系はみなさん、苦手ですのであえて入れる様にします。

本当は私も得意とはいえないのですが、行うことで後で呼吸がしやすくなります。

肋骨が拡がるということも関係あるのでしょうか。

ラクダは初心者は難しいので、片方の手を挙げて、片方の手を腰というように

調整してもらいます。できるひとは手の位置をかかとまで持ってきてもらいます。

その次は立ち上がり立ち木のポーズ。これはメンタルバランスを整えるのに

いいので、足を膝の下あたりまでだと、ぐらぐらしにくいので、チェレンジする方も

多く、ゆっくり行いあっという間に時間がたってしまいました。

そのあとのアンケートの結果では

レッスンが終了した後、アンケートを主催者がとってくださいました。

何と定期的に行ってみたいという方が、運動しない方の9割がアンケート結果を

残しました。全員の方がヨガは良かったということだったので、あらためて

運動しない人もヨガ身体と取り組みやすいのかと思った次第です。

何をやろうか迷ったときは、YOGAですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする