瞑想法はストレス軽減のツールとして持っていたい

この何日間で、大好きなネットテレビで「ストレンジャーシングス」のシーズン2まで

みました。アメリカの大人気SFホラードラマです。

行方不明になった少年を、友達や母親が探しますが、その失踪した森で少女に出会います。

少女は不思議な力を持ち、少年を救うために〝裏側の世界“ に入ります。詳しくは

全部視聴されることをおススメしますが、あまりにも面白くハマりすぎました。

この裏側の世界が潜在意識と重なりました。

唯識の中に、阿頼耶識(あらやしき)という、意識されない識がありますが、これが

深層心理や潜在意識と近いものでしょうか。

今日は瞑想について関心がある人が増えてきているので、

「瞑想をどうとらえているのか」「瞑想って本当に安心なの?」「瞑想はマインドコントロー

ルではないかしら。」について考えてみたいと思います。まず尊敬している

天外氏の本から瞑想を紹介したいと思います。

瞑想法とは『ここまで来た「あの世の」科学より』抜粋

ーあらゆる宗教の修行法に取り入れられている「瞑想法」は、実は「あの世」と対談するため

のもっとも強力な手段なのです。

プラトンなどの古代ギリシャの哲人たち、ニュートンやケプラーなどの近代科学の創始者

たち、また、ユングなどの深層心理の先達、そして「あの世の科学」を追及している「ニュー

サイエンス」派の科学者たちは、皆が皆「瞑想法」に熟達しており、真理の探究のために有効

に生かしています。

「瞑想法」をきわめると、「あの世」に蓄積されている、全宇宙のあらゆる知識や知恵に自由

にアクセス可能となり、仏教でいう「悟り」の境地に近づきますー

うむ・・このようになれたら素晴らしいのですが、忙しい現代人には習得するのは難しいかと

思いますがいかがでしょうか。

いま盛んにもてはやされているのは「マインドフルネス瞑想」ですが、欧米を中心に各国に広

がっているそうです。宗教色をなくしてストレスを軽減するという方法で、こちらの方が取り

いれやすいです。私も10分間ほどマインドフルネスを取り入れて、レッスンで行っていますが

不安を感じるよりも「気持ちが落ち着いた」とストレス軽減につながっているようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする