ヨガと体幹系の動きを取り入れ、自分史上最高の姿勢になる♬

最近、体幹を気にする方がヨガにも来ており、

「筋トレはしているんですが、バランスが悪いみたいで」

「ゴルフはやっているのですが、左右差があると整体の先生に言われて」

長友選手が出した本だったり、「体幹リセット」という本を見て

ヨガとやっている動きと似ている感じがして・・と興味をもってくださる方も居て

中々最近夜の教室が盛り上がっています。なんと男性の参加者も少しづつ

増えてきたのです。

非常に体幹が優れていると思われる方の特徴

姿勢が半端なく良い

指導者で、アシュタンガヨガを行っている先生が、うちの中級ヨガクラスを担当しているの

ですが、とにかく姿勢がよいです。仕事が終わったとに、適度に太陽礼拝を行ったり

しているそうで、内臓も正しい位置にあるのでしょう。お腹も引き締まっています。

ダンス系の方も来ていますが、やはり姿勢が決まっています。身体の使い方が

安定して美しいです。胸も広がり、呼吸も楽々できるそうです。

ヨガと体幹を鍛えるエクササイズで相乗効果テキメン

ヨガや体幹トレーニング、筋トレなどをやっている方達で

ゴルフをやっている方などは、軸が安定していてぶれない、バトミントンなどの

ハードな運動でも疲れにくいそうです。体幹は、コアとも呼ばれているように

胴体部分を指しますが、骨盤の筋肉や、お腹のコルセットの腹横筋、

背骨の周辺の筋肉、呼吸に関係する横隔膜など、姿勢の維持や、動きに

関係するものになります。

最近ヨガ塾でよくやるポーズ(体幹系を意識したもの)

椅子のポーズ

椅子に座るように、お尻を下げていき、肩と背中の延長線上に両手

を斜め上に伸ばします。体幹がそれこそしっかりしていないと、つらいので、椅子に座って

やるとやりやすいです。

片足で立つ(1分)

立ち上がり、右足はついたまま、左足を上げます。数センチでかまいません。

慣れてきたら目を閉じてみてもよいでしょう。ただし倒れたり、ぶつからないように

気を付けてください。平衡感覚を高めて、体幹もしっかりさせます。

立木のポーズ

片足立ちが慣れてきたら、立木のポーズを行うとさらに難易度がたかまります。

最初は難しいので、椅子に片手を置いて行うなどもよいでしょう。

猫のポーズ

キャットアンドカウともいいますが、背骨を動かすので、肩甲骨の動きをよくして

胸も広げていきますので、非常に気もちの良いポーズです。

プランク

板のポーズともいいますが、きつそうな方には腕を床につく、フロントブリッジを行います。

そこからサイドプランクを行ったりします。

先日体幹系の動きをヨガに取り入れて行ったところ、心身共に身体をフルに使い、そして

そのあとリラックスできたとの感想が聞けました。それでは今日はこのくらいにして

またボディ・マインド・スピリットで感じたことを書いていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする